太陽光発電 価格 料金 比較

【無料】安くした人は密かにみんな使っているあるサービスとは?

太陽光発電は、単価の高い商品なので、同じ工事内容でも、業者によって数十万円単位で値段が違ってくるのもザラです。100万円以上の差が出るケースも本当にあります。 安けりゃいいという訳では決してありませんが、工事内容がほとんど一緒なら、少しでも安いほうがいい!そう考えるのが普通です。そこでオススメなのが、この無料で利用できるあるサービスです。 こちらを利用すると、ほぼ確実に、設置費用を、安くすることが可能です。最短1分で可能なその方法とは?

補助金制度は今後も続くか?

「太陽光発電に興味はあっても、自宅に導入するのに二の足を踏んでしまう」

 

この理由の一つが、初期費用の高さです。kW単価が低いものでも、55万円/kw程度はかかり、4kW導入すると220万円、3kWでも165万円という価格になってしまいます。

 

そこで利用者にとってありがたいのが、国や地方自治体からの補助金です。ただ、国からの補助金は「平成21年度には、kW単価が70万円以下」の設備であれば受けられたのですが「平成22年度には、kW単価が65万円以下」「平成23年度には、kW単価が60万円以下」と、変更が重ねられており、条件が厳しくなっています。

 

また売電の固定価格買取制度も、10年間の実施予定ですが、太陽光発電システムの導入価格が現在の半額程度にまで下がった場合には、固定価格買取制度が終了するという話もあります。10年以内に限った場合「導入コストを半額以下に」というのは、難しいかもしれません。

 

ただ、太陽光発電の分野には、シャープ、サンヨー、三菱、京セラなどの老舗メーカーだけではなく、東芝、パナソニックなどの後発メーカーの参入が始まり、異業種からの参入も増えつつあります。そのため、価格競争が激しくなることが見込まれます。やがては「補助金がなくても、一般家庭でもっと気軽に導入できる」という時代がくるのかもしれませんね。

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック太陽光発電を設置するには、安くはないお金がかかります。 しかし、この無料で利用できるあるサービスを利用すると、 ほぼ確実に、設置費用を、当初よりも安くすることが可能です。

 
ホーム 費用を無料で安くする 価格だけで選ばない メリット・デメリット 初期費用はいくら?