太陽光発電 価格 料金 比較

【無料】安くした人は密かにみんな使っているあるサービスとは?

太陽光発電は、単価の高い商品なので、同じ工事内容でも、業者によって数十万円単位で値段が違ってくるのもザラです。100万円以上の差が出るケースも本当にあります。 安けりゃいいという訳では決してありませんが、工事内容がほとんど一緒なら、少しでも安いほうがいい!そう考えるのが普通です。そこでオススメなのが、この無料で利用できるあるサービスです。 こちらを利用すると、ほぼ確実に、設置費用を、安くすることが可能です。最短1分で可能なその方法とは?

近隣に工場や商業施設などがある場合の注意

私の家で太陽光発電を導入して1年後でしたか、点検に訪れた業者さんに教えていただいたことです。

 

「モニターに、何かエラー表示が出たことはありませんか?」
「いえ、うちでは、特にありませんが?」
「こちらのお宅の周りには、大きな工場や商業施設などがありませんので、可能性は低いかと思うのですが・・・」

 

そもそも、電力会社が供給している電力は100Vぴったりではなく「101Vから±6V」で供給されているのだそうです。電気も水道と同じで「多くの人が一斉に使うと、電圧が下がる」「あまり使う人がいないと、電圧が上がる」という傾向があります。

 

また、電気も水と同じで「電圧の高いところから、低いところへ流れる」という傾向があるため、「売電」の状態のときは、太陽光発電で生み出された電気は電圧が高く、電力会社から供給されている電気のほうが低い状態を、パワーコンディショナーが保っています。しかし、パワーコンディショナーは107Vを超えた場合には調整ができなくなるので「余剰電力があっても、売電できない」状態になってしまいます。

 

このとき「電圧上昇抑制機能が働きました」というエラーが、モニターに表示されるのだそうです。

 

ご自宅の近くに、大きな工場や商業施設があると、普段は電力をたくさん消費するでしょう。しかし、休日・定休日などで工場や商業施設で電力を消費しない日は「電力が送られてくるのに、消費されない」という事態になる上に、さらに「売電」が行われようとすると、需要と供給のバランスが崩れ「電圧上昇抑制」がかかった状態になりやすいのだそうです。

 

ただ、電圧上昇抑制が起こったからといって、直ちに大事故につながるようなことはなく、電力会社がなんらかの対応をする場合でも、利用者には負担が発生することもありません。ただ「売電ができない」というだけですので、あまりにもエラー表示が頻繁に出るようであれば、電力会社に相談する、という心構えでいれば良いんだそうです。

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック太陽光発電を設置するには、安くはないお金がかかります。 しかし、この無料で利用できるあるサービスを利用すると、 ほぼ確実に、設置費用を、当初よりも安くすることが可能です。

 
ホーム 費用を無料で安くする 価格だけで選ばない メリット・デメリット 初期費用はいくら?