太陽光発電 価格 料金 比較

【無料】安くした人は密かにみんな使っているあるサービスとは?

太陽光発電は、単価の高い商品なので、同じ工事内容でも、業者によって数十万円単位で値段が違ってくるのもザラです。100万円以上の差が出るケースも本当にあります。 安けりゃいいという訳では決してありませんが、工事内容がほとんど一緒なら、少しでも安いほうがいい!そう考えるのが普通です。そこでオススメなのが、この無料で利用できるあるサービスです。 こちらを利用すると、ほぼ確実に、設置費用を、安くすることが可能です。最短1分で可能なその方法とは?

メーカーごとのkW単価の相場は?

太陽光発電を導入する場合、ソーラーパネルを設置すれば完了というわけではなく、ソーラーパネル、周辺機器、工事費用、様々な経費がかかってきます。また、設置面積も様々ですし、メーカーや業者による値引きが行われることもあります。

 

設置にかかった総費用だけを比較しても、「高いのか、安いのか?」「得をしたのか、損をしたのか?」がわかりにくいのです。そこで、次の算式で計算した「kW単価(きろわっと たんか)」を比較するという考えがあります。

 

太陽光発電システムの導入にかかった総費用 ÷ 発電量(kW数) = kW単価

 

各メーカーの太陽光発電システムをkW単価で分類すると、おおよその傾向は次のような傾向がみられます。

 

■kW単価が60万円程度
パナソニック、三洋電機、東芝・・・単結晶シリコンタイプの太陽電池を採用し、モジュール変換効率が高い傾向にあります。

 

■kW単価が60万円〜55万円
シャープ、京セラ、三菱電機・・・多結晶シリコンタイプ
サンテックパワー、カナディアンソーラー・・・海外メーカーの単結晶シリコンタイプ

 

■kW単価が55万円以下
ソーラーフロンティア、ホンダソルテック・・・化合物系タイプ、モジュール変換効率が低い

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック太陽光発電を設置するには、安くはないお金がかかります。 しかし、この無料で利用できるあるサービスを利用すると、 ほぼ確実に、設置費用を、当初よりも安くすることが可能です。

 
ホーム 費用を無料で安くする 価格だけで選ばない メリット・デメリット 初期費用はいくら?