太陽光発電 価格 料金 比較

【無料】安くした人は密かにみんな使っているあるサービスとは?

太陽光発電は、単価の高い商品なので、同じ工事内容でも、業者によって数十万円単位で値段が違ってくるのもザラです。100万円以上の差が出るケースも本当にあります。 安けりゃいいという訳では決してありませんが、工事内容がほとんど一緒なら、少しでも安いほうがいい!そう考えるのが普通です。そこでオススメなのが、この無料で利用できるあるサービスです。 こちらを利用すると、ほぼ確実に、設置費用を、安くすることが可能です。最短1分で可能なその方法とは?

東芝の太陽光発電

東芝は、太陽光発電の世界に参入したのが2009年のため、まだシェアが低い傾向があります。ただ、太陽光インバーターや新型二次電池などを開発してきた実績があるため、住宅用・ビル用の太陽光発電システムにも、大いに期待が持てるところです。単結晶シリコンタイプの太陽電池を採用しているため、kW単価は60万円前後です。

 

2011年9月には「住宅用太陽電池モジュール240W」を採用し、高変換効率を実現した住宅用太陽光発電システムを発売開始しています。このシステムの特徴はアメリカ・サンパワー社の太陽電池モジュールを採用したことで、
●「単結晶バックコンタクト方式」と呼ばれる電極をすべて裏面に設計する仕組み
●「反射低減コート付き強化ガラス」によって、反射による光の損失を減らす工夫
●直径160mmのセルを採用したことによる受光面積のおよそ3%の拡大
に成功し、面積あたりの発電量を高めたことです。

 

面積あたりの発電量が多いため、従来のシステムに比べて、設置面積を減らして、同じだけの電力を得ることができます。逆に、同じ面積の屋根に設置した場合には、より多くの発電量を得ることができます。

 

東芝の太陽光発電システムは、価格だけでいえば、他のメーカーよりも高額になります。しかし、発電効率の高いシステムは、日照量が極めて短い、屋根の向きの関係で日照時間が限られるといった住宅には、向いているといえるのです。

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック太陽光発電を設置するには、安くはないお金がかかります。 しかし、この無料で利用できるあるサービスを利用すると、 ほぼ確実に、設置費用を、当初よりも安くすることが可能です。

 
ホーム 費用を無料で安くする 価格だけで選ばない メリット・デメリット 初期費用はいくら?