太陽光発電 価格 料金 比較

【無料】安くした人は密かにみんな使っているあるサービスとは?

太陽光発電は、単価の高い商品なので、同じ工事内容でも、業者によって数十万円単位で値段が違ってくるのもザラです。100万円以上の差が出るケースも本当にあります。 安けりゃいいという訳では決してありませんが、工事内容がほとんど一緒なら、少しでも安いほうがいい!そう考えるのが普通です。そこでオススメなのが、この無料で利用できるあるサービスです。 こちらを利用すると、ほぼ確実に、設置費用を、安くすることが可能です。最短1分で可能なその方法とは?

太陽光発電の「もとが取れる」時は来る?

太陽光発電システムを導入し、維持していくためには費用がかかります。一方で、導入した後には、今までかかっていた費用がかからなくなったり、余剰電力が生じた場合には電気売ることもできます。「元が取れる」ときは来るのでしょうか?

 

太陽光発電にかかる費用は、大きく分けて2種類があります。
●初期費用
●メンテナンス費用

 

国や地方自治体から補助金・助成金がでる場合もありますので、太陽光発電にかかる費用は、次の式で計算できることになります。

 

初期費用 + メンテナンス費用 − 補助金・助成金

 

一方で、太陽光発電を導入することで光熱費の削減につながります。

 

太陽光発電システムが発電した電気は、
●自家消費する
●電力会社に売る
のどちらかになります。

 

いずれの場合も「今まで電力会社から買うしかなかった電力を、自力で確保できる。あるいは売ることができる」という意味で、その分だけ得をすることになるのです。

 

「もとが取れるのは、いつか?」の計算方法は

 

(初期費用 + メンテナンス費用 − 補助金・助成金) ÷ 得をした光熱費

 

という算式で計算ができます。

 

この計算式に、平成23年現在のデータをあてはめます。
1kw 60万円のシステムを4kw設置した場合、
●初期費用 240万円
●重大なトラブルがなければ、パワーコンディショナーの交換が15年後で、費用は30万〜35万円
●平成23年度の国からの補助金は 1kwあたり4.8万円のため、4kwのシステムならば19.2万円
●市区町村の補助金・助成金がある場合も多く、仮に10万円と仮定

 

●売電価格は 1kwh当たり42円
●電気代は電力会社の料金プランなどにより異なりますが 1kwh当たり28円と仮定

 

発電量の60%を売電、40%を自家消費した場合、得をする料金は次の通りです。

 

(4000kWh × 60% × 42円) + (4000kWh × 40% × 28円)  = 14万5600円

 

何年で元が取れるかの計算結果は、次のようになります。

 

{240万円 - (19.2万円 + 10万円)} ÷ 14万5600円 = 約14.5年

 

ただし、市区町村から支給される補助金は、地域によってかなりの差がありますので、計算結果も違ってきます。
また、15年後にパワーコンディショナーの交換が必要ですので、メンテナンス費用がかかることに注意してください。

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック

太陽光発電の設置価格を、無料で安くできるテクニック太陽光発電を設置するには、安くはないお金がかかります。 しかし、この無料で利用できるあるサービスを利用すると、 ほぼ確実に、設置費用を、当初よりも安くすることが可能です。

 
ホーム 費用を無料で安くする 価格だけで選ばない メリット・デメリット 初期費用はいくら?